肌に優しい日焼け止め

この夏はあまりに暑く、数年ぶりにプールに行きました。 色気はありませんが、ラッシュガードとハーフパンツがセットになっている水着を買って出かけました。 ひざ下はもちろん日焼け止めをしっかり塗りました。 ……が、やってしまいました……塗りムラ! 職場ではパンツスーツやUVカットのストッキングをはいていることが多いので、 あんまり日焼け止めって使わないので不慣れだという理由にしたところで、 まだらに赤くなった脚と足の甲のみっともないこと。 次からは気を付けようと思います。

さて、久しぶりにキツイ日焼け止めを使ったら、今度は落とすのも一苦労でした。 専用クレンジング不要と書いてあっても、全然落ちてる気がしません。 そこで、肌も焼けてかわいそうなことになっているし、 肌に優しい日焼け止めの落とし方について調べてみました。

ポイントとしては、
・やはり強力な日焼け止めはクレンジングが必要。 →その日焼け止め専用のものでなくても、顔用のクレンジングなどで優しく落とすことが大事なようです。  インターネットでいろいろ見ていた中には、顔用に買って使い心地がイマイチだったものは  ボディの日焼け止め落とし用にまわすというアイデアがあり、なるほどなあと思いました。  また、石鹸でゴシゴシ落とすと、日に焼けて傷んだ肌を更に傷めることになるので、  きちんとクレンジングを使いましょう。

・日焼け止めを落とした後は、洗顔と同様に保湿が必要。 →洗顔後はどんどん肌の中の水分が蒸発していきます。日に焼けて傷んだ肌ならなおさらです。  クレンジングを落とした後はボディの保湿も気を付けましょう。 日々日焼け止めを使っている方も、一度今の落とし方で大丈夫か調べてみて下さいね。



唇の乾燥を防ぐ

冬になると肌全体が乾燥するのですが、その中で唇もケアしておきたいところのひとつです。夏場はあまりリップケアはしなくても何とかなるものですが、冬は多くの人が皮が剥けたりするのでリップクリームを愛用すると思います。唇の皮は剥けると気になりますし、無理に剥くと血が出てきたりして痛みも伴います。

リップクリームを日常で使うのはもちろんのこと、あまりに乾燥しているときは口紅なども控えたほうがいいでしょう。口紅は水分をあまり含んでいませんので、さらに乾燥してしまいます。 そしてどうしても乾燥して仕方がないというときはスペシャルケアを取り入れてあげると、より潤いを取り戻します。それはリップクリームなどをたっぷりと塗り、ラップで包んでより保湿成分を浸透させる方法です。

唇をパックする感覚ですね。唇は面積も狭く、ケアをしてあげると早く潤いを取り戻すことができます。唇も皮膚がターンオーバーすることで潤いだけでなく、色素沈着してしまった唇もきれいな色になっていきます。肌と同じように唇のケアも忘れずにしておきましょう。 プルプルの唇はチャームポイントにもなりますし、口紅の発色もよく、よりリップメイクを楽しめるようになりますよ。